各種ファイルをお探しの方へ

ブロントさんMOD等、各種ファイルのダウンロードはコチラから行えます。リンク先はSkyDriveです。

2013年9月1日日曜日

Ankerさんのマウス

結論から言うと、お買い得感の高いマウスでした。



ごきげんよう。

ノートPC用に使用していたG400が、猫にケーブルを噛み切られてしまい再起不能になったので、替えのマウスとして最近話題のAnker製品を購入してみました。

コチラの商品です。(8/31現在在庫切れ…)
9/1現在Ankerからの販売価格\1,599!!
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CBD3MNQ

パッケージはこんなん。













マウス本体。USBケーブルの先端が無駄に凝ったデザインです。













G400より多少大きいかな?といったサイズ。













上面全体にラバーコーティングか何かが施されており、しっとりした感触。
サイド部分はプラスチックそのまんま。少し滑りやすいです、が購入時の値段1999円を考えれば大したもの。
 













裏面。マウスソールの形が凄まじいですね。













メインの左右クリックボタンの押し込みは大分浅い感じ。
クリック音は静かですが、押してるぜー!というクリック感はありません。
サイドボタン2つの押し心地はG400に近いものがあります。
センターホイールは左右に遊びが有り、若干カタカタします。センタークリックの感触は他のボタンとほぼ同じ。

ドライバはインストールディスクが同梱されておらず、メーカーページからダウンロードすることになりますが、Windows標準のドライバでも問題なく動作するため、特にカスタマイズするつもりがない場合は無理にインストールしなくても大丈夫です。

















設定ソフトのメインページ。各ボタンの動作をカスタマイズ可能です。
任意のキーストロークの割り当ては出来ませんが、マクロが使えます。

















マウスの光り具合の設定。色はDPI毎に固定となっているようです。
このマウス、Razer顔負けなくらい派手に光ります。


















標準だと上から順に500DPI,1000DPI,1500DPI,2000DPIとなっており、ゆっくりと明滅します。


















詳細設定。高度な機能はほとんどありませんが、この価格帯でポーリングレート1000HZに対応しているというのが驚きです。

とりあえずサッと触った感じでは、特に不具合もなくカーソルの追従性も良好と感じます。
ところどころに低価格帯マウスとしての安っぽさは伺えますし、設定ソフトの内容もサッパリしたものですが、コストパフォーマンスにおいては圧倒的ではないでしょうか。
今後の新製品に期待したいメーカーです。


----------
ランキング参加中です。
記事が気に入っていただけましたら、よろしければクリックのご協力お願いします。

人気ブログランキングへ





0 件のコメント:

コメントを投稿